イブの夜

2015.12.25.10:55

母は、7年前のクリスマスイヴの日に静かに息を引き取りました。

賑やかな事が好きな母は、皆が楽しむこの日を選んで

亡くなったのでしょうか?

毎年忘れることなくケーキをお供えして偲ぶことが出来ます。 笑



2008年12月23日

前日から、和歌山の病院で母の付き添いしていたのを姪に交代して貰い

相方と一緒に車で滋賀の我が家へ帰りました。

帰って2時間もしないうちに電話があり、急に意識がなくなったと・・・

明日まで持つかどうかわからないと言われ、

お葬式で着る家族全員の服をすぐ持ってこられるよう準備して、

「この一式を車に積んで持って来てや!」と電車で和歌山までUターン

到着したのは夜の11時頃でした。

母の最後の時間を父と兄と私の元家族4人で迎えました。

24日の午前1時半頃、父と兄は談話室で仮眠をとっていました。

母と私二人きり静かな病室で、昨日は「もう、寝なさい!」と私が注意するほど

夜中じゅうしゃべっていたのにと思いながら、

「もう、頑張らなくてええよ〜 お父ちゃんの事は心配せんでも大丈夫やで」

と寝ている母に話しかけたら、

意識が無いと思ってたのに、力を振り絞って何かを言ってくれました。

口をパカパカあけて何を言ったのかよくわからず、考える間もなく

容態が急変して亡くなったのでそのままになってました。


お葬式が終わって、皆で雑談をしているとき義姉にその時のことを話したら

「それは絶対ありがとうっていうたんやわ」って言ってくれて

「そうや!そうやわ、きっとそうや」とうれしさがこみ上げて泣きました。

「お母ちゃん、こっちこそありがとう!私を産み育ててくれてありがとう!」

そして、「私を悲しませない逝き方をしてくれて、ほんまにありがとう!!」

と感謝の涙を流しました。


なーんて、普段は母の事をじっくり思い出す事はありませんが、

命日だけは母のことを偲んでみました。


偲んだ後は、ケーキを食べましょ!



IMG_5340.jpg

ロールケーキを買ってきました。

いまいちの写真の撮り方やわ〜

おいしそうに見えないなぁ〜

作られないならもっと上手に撮れよ〜って感じです。




にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
   にほんブログ村
お母ちゃん!おいしいよん!


スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2015.12.25.23:04

わたしも、きっとお母様は 「ありがとう」 って伝えたかったんだわ!と思いながら読みました。
reomama さんにとっては、クリスマスイブが
違った意味で、特別な日になったんですね。
聖なる夜に、しみじみとお母様を偲びながら食べるケーキは
ちょっぴり涙の味がしたのでしょうか。

わたしは、5年前に父を亡くした時に
いずれ来る母との別れも覚悟したつもりでいますが
いざ、その時が来たら
reomama さんのように 「心配しないで大丈夫よ」と
言ってあげることができるかしら・・・。
「あなたの娘だから、心配しないで大丈夫よ!ありがとう」って
伝えたいな・・・。

そんなことを思いました。

あみんさんへ

2015.12.26.11:18

こんにちは!

>reomama さんにとっては、クリスマスイブが
>違った意味で、特別な日になったんですね。
忘れん坊の私に絶対わすれるな!って言うことなのかも・・・ 笑
母を思い出すとき、しんみりすることは全くないのが不思議なくらいです。

あみんさんはお父様を亡くしていらっしゃるんですね
いつかはあみんさんはお母様、私は父との別れがありますものね

>「あなたの娘だから、心配しないで大丈夫よ!ありがとう」って
>伝えたいな・・・。
伝えられたら幸せですよね

自分も皆にありがとうって言える最後でありたいなと思います。

コメントありがとうございます〜!


No title

2015.12.27.17:13

こういうクリスマスの感情というのは大事ですね。
うちの親父も来年で7回忌ということで、
どうしようかなって思っています。
俺もあの夏の日の出来事は鮮明に覚えてます。

ちなみに うちの母方の祖父は七夕が命日で、葬式の時に
「乙姫はまだいかんから 彦星さん連れていかんといてねぇ~」
と祖母は冗談で言ってました。
91歳で大往生だったし 命日も何年かすれば悲しい日に
なるとは限らず、ある意味では重要な記念日と
いうような気はします。
最期を看取る時、 「ありがとう」 以上の言葉って
無いと思いますし、たぶんそう言っていたのかと思います。

ぐっさん。へ

2015.12.27.20:57

こんばんは!
ぐっさん。のお父様も来年7回忌ですか〜

>「乙姫はまだいかんから 彦星さん連れていかんといてねぇ~」
ぐっさん。のおばあさま、とってもユーモアがあって素敵です!!

>最期を看取る時、 「ありがとう」 以上の言葉って
>無いと思いますし、たぶんそう言っていたのかと思います。
ほんとですね!
ありがとうございます。

プロフィール

reomama

Author:reomama
子ども達も独立し、これから自分のしたいことをどんどん挑戦していきたいです!



最新記事
コメントありがとう
月別アーカイブ
カテゴリ
応援ありがとう!
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR