水を飲もう!

2015.12.17.07:00

水を飲むだけで得られる凄いメリットとは?
 
 
(1)体本来の機能が活性化する
 
水の摂取する量が極端に少なくなって体の水分含有量が減ってしまうと、体は自然と体温が上がったり、やる気がなくなったり、疲労が増加するなど著しく健康が悪化します。
 
 
水を飲むことによって、体の水分含有量が元の状態に戻れば体本来の機能が活性化するので、心と体の健康を維持しやすくなります。
 
 
 
(2)脳が活性化する
 
水を飲むことによって良い影響を与えるのは体だけではありません。逆に水分不足に陥ってしまうと脳にも大きな影響があらわれることが研究結果によって証明されています。
 
 
水分が不足するまず記憶力が低下しますし、仕事の能率が下がることも明らかになっているわけですが、次第にやる気がなくなるなど、気分的な落ち込みがひどくなっていきます。
 
 
うつ病などの精神疾患を心の病気といったふうに言われることが多いですが、実際には脳の病気なので、脳の状態を常に正常に保つためにも水をきちんと飲むことが大切です。
 
 
 
 
(3)頭痛を予防する
 
最近は女性を中心に片頭痛に悩まされるケースが増えています。直接的な原因ではないかもしれませんが、かなりの部分でストレスが大きく影響しているように思われます。
 
 
ストレスをのまま放置してしまうと水分不足に陥りやすいです。逆にいうと水分をきちんと補給してやることによってストレスを抑えてくれます。
 
 
事実水分不足が原因で頭痛を引き起こしてしまうことが事実として証明されています。
 
 
頭痛にもいくつかのタイプがありますので、一概には言えませんが、水をきちんと飲むことによって頭痛の症状を和らげてくれることもすでに証明されています。
 
 
 
 
(4)便秘の解消
 
水をきちんと補給してあげることで便秘も解消できます。慢性的な便秘に苦しんだ経験がある方の多くが慢性的な水分不足の可能性が高いです。
 
 
一部を除いてお茶やコーヒーのような色がついている物を飲んでも便秘の解消にはつながらないケースが多いので、便秘を解消するためにも、しっかり水を飲みましょう。
 
 
 
 
(5)二日酔い解消
 
つい盛り上がり過ぎてお酒を飲み過ぎてしまうと翌日に辛い二日酔いに苦しめられることになります。二日酔いを解消するにはアルコールを代謝させることが有効です。
 
 
アルコールは利尿作用が非常に高いので、体は水分不足の状態に陥りやすくなってしまいます。ですので、お酒を飲むさいには普段以上に水分摂取が必要になります。
 
 
アルコールを飲んだ後に水分をたくさん摂ることによって辛かった二日酔いの症状が改善されることを実感されたことがあるかと思います。できるだけ水を飲みましょう。
 
 
 
 
(6)ダイエット
 
食事前に1杯の水を飲むことによって空腹感が一時的に和らぐため食べ過ぎを防止できるといわれています。こうすることで1回の食事を腹八分目で満足できるようになります。
 
 
ただし、コップ1杯以上の水を飲んでしまうと、消化に悪影響を及ぼしますので飲み過ぎないように注意してください。
 
 
もちろん水には何らダイエットにつながる成分が含まれていませんので、水を飲んだからといって痩せるわけではありませんが、食べ過ぎを防止できるのは大きなメリットです。
 
 
心と体に優しい水を毎日1.5リットル以上飲むとなると、コップにして大体8杯くらいになります。慣れるとどうということはないので、是非水を飲む習慣を身につけましょう。

(facebookより引用)





寒い時は、水だとお腹を冷やすので、私は白湯を飲んでます。

今まで多くても、1リットルくらいしか飲んでいませんでした。

でも、コーヒーやお茶を減らしてでも水または白湯を飲む様にします。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
白湯は朝にわかしたのをこの水筒に入れ
飲んでいます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村
トミーは手先がとっても器用
時々アクリルたわしを編んでくれるの〜
今回は可愛いワンコの肉球と葉っぱの模様。
サンキュー!!
食器はは洗剤を使わずアクリルたわしを
使ってます。



スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

reomama

Author:reomama
子ども達も独立し、これから自分のしたいことをどんどん挑戦していきたいです!



最新記事
コメントありがとう
月別アーカイブ
カテゴリ
応援ありがとう!
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR